ネコと音楽と。

ネコと音楽と、おいしいごはんがあればごきげんに暮らしているひとのライフログ

無印良品の防災手引き「もしもの備え。いつものもしも。七日間を生き延びよう」

f:id:nekotoongakuto:20180906230154j:plain

 

先日のブログにも書きましたがお昼2時くらいから夜11時半くらいまで台風による被害で停電していました。

 

 そんなに長い停電、はじめてのことだったので復旧してからは電気のありがたさというか、普通に暮らせていることのありがたさをひしひしと感じています。

 

翌日撮影仕事があったので昼間少し出かけたのですが家の周りはもちろん、街なかもゴミ、レンガや瓦、トタンの破片などがそこかしこにあって公園の木は倒れたり根っこから抜けたり折れたりしていました。

 

 

f:id:nekotoongakuto:20180907015319j:plain

わが家もアンテナが倒れていたので撤去してもらいました。

(テレビは光に加入しているのでアンテナは不要だった)

 

うちの場合、停電開始がお昼だったこともあってまだ明るく、あれこれ夜に備えて用意できたのでラッキーだったなとは思いました。

その日も翌日も、うちはネコが6匹もいるし親戚のうちに世話になるとか避難所へ行くとかそういうことができないので自力で備えるところは備えないとな、ちょっとキャンプとかできるくらいのグッズを揃えようか、なんて話を相方としていました。

 

そしてすぐやってきた9月6日の北海道の震度7の地震。

 

本当に今年はこちらでも大きな地震がありましたし、豪雨被害、そして台風。

何があるかわからないのでやはり備えは大事だと痛感しました。

 

そしてこんなページを見つけました。

 

わたしの備え。いつものもしも。

 

無印良品の防災リーフレットです。

 

f:id:nekotoongakuto:20180906234047p:plain

 

f:id:nekotoongakuto:20180906234123p:plain

 

無印良品らしく、シンプルにわかりやすく見やすいです。

 

怪我をした時の応急処置やAEDの使い方、消火器の使い方などが記載されています。

そしてもう一面には「七日間を生き延びよう」という家にある備蓄品、レトルト食品、防災用品などを活用して七日間の食料の目安が書かれています。

 

その家々によって備蓄品の量は変わってくるわけですがざっくり考えても目安ってわからないですよね。

そういう手引きとして優秀だと思いました。

やはり食べるということは生命に直結することなので。

オフラインでも見られるように、画像としてスマホに保存しました。

 

わが家は長時間の停電を経験しましたが徒歩圏内に実家があったり(実家は停電していなかった)どこか甘えられる状況があったのでのほほんとしていましたが北海道の地震の状況を見て全域停電となったらこんなのんきな「ゆるキャン」なんてゆうてられんわ!!!となり、自分たちなりに少し考えています。

 

みなさんも、特にイヌネコ小さなお子さんがいらっしゃるご家庭はぜひに取り越し苦労でも備えを!

 

f:id:nekotoongakuto:20180907014235j:plain

「そなえはだいじやな」とおたぬちゃんも申しております。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村